「新茶包みと皆敷」

今月のテーマは

『新茶包みと皆敷』

 

八十八夜の頃は、茶摘みの最盛期、新茶の美味しい季節です。

 

生き生きとした新芽を折りだした「新茶包み」で、旬を贈ってみてはいかがでしょう。

大きさや色を変えて、紅茶などを包んでも素敵です!

 

また、お茶のおもてなしには「かいしき」を使います。

懐紙と皆敷?違いは?

決まり事や美しい使い方などお話します。

 

心を込めて折る折形の伝統文化に触れてみてみましょう!

 

日時:6月9日(土)14:30〜16:30 

参加費:5,400円

 

◎皆さまの参加お待ちしています。