「万葉包み」

今月のテーマは

『万葉包み』

 

古典では「平らきもの、丸きもの」と呼ばれ、平らな品や筒状の品を包む折形です。

万葉(よろず)と名前のごとく幅広く贈物を包むことができます。

 

万葉包みの決まり事、折形のなかの「陰陽」「真行草」について、そして水引の結び方「両輪と片輪」などお話し致します。

 

近ごろは全てが便利な世の中、何でもお金さえ出せば手に入ります。

差し上げる方を思い、和紙の温もりを感じ、心を込めて折るひと時は、きっと豊かな気持ちになる事と思います。

 

 

日時:7月14日(土)14:30〜16:30 

参加費:5,400円

 

◎皆さまの参加お待ちしています。