「手ぬぐい包み、うさぎの粉包み」

講師 亀井安子

 

現代ではないものはない、便利で合理的なものにあふれているます。

こんな時代だからこそ、忙しい日常のひと時、ゆっくり、丁寧に折る折形。

細やかに折った和紙に様々なものを包み差し上げる。

今回も十五夜のお月見団子の黄粉を包むのにうさぎを折ります。折りながら、歴史やいわれ、季節行事の事など先生のお話もまた、とても楽しいものです。

 

テーマ 『手ぬぐい包み、うさぎの粉包み』

 

江戸時代、庶民の間にも様々な折形が広まりました。

その中の一つに「手ぬぐい包み」があります。

お気に入りの手ぬぐいを粋に包んで贈ってみてはいかがでしょう。

9月24日は十五夜です。

「うさぎの粉包み」は、お団子に添える黄粉を包む折形です。

金平糖や小さなお菓子を入れたり、十五夜の可愛いあしらいにもなります。

 

 

日時:9月8日(土)14:30〜16:30 

参加費:5,400円(材料費込み)

持ち物:持ち帰り用クリアファイル(B4サイズ)、筆記具

 

◎初めての方も是非体験してみてください!皆さまの参加お待ちしています。