『雛節供の祝い包み』

講師 亀井安子

 

テーマ 『雛節供の祝い包み』

 

今回は季節の行事、雛まつりの菱餅を表わした折形です。

 

雛まつりは、昔から雛人形を飾り、菱餅をお供えし、桃の酒で厄を祓い、長寿を願ってきました。

「雛の節供の祝い包み」は菱餅に添える「きな粉包み」として使われました。

雛まつりの飾り、お祝いのお金包みとしても使って頂けます。

 

菱餅のなぜ?など、「上巳の節供」のお話もご紹介します。

 

 

日時:2月9日(土)14:00〜16:00 

参加費:5,400円(材料費込み)

持ち物:持ち帰り用クリアファイル(B4サイズ)、筆記具

 

初めての方も折紙のルーツと言われる折形を、体験してみませんか?
皆さまの参加お待ちしています!