「鶴のお祝い包み」

講師 亀井安子

 

折形とは600年以上の歴史ある、武家社会の礼法。贈り物を、和紙で包む日本の伝統文化です。

忙しい日々、ほんの少しの工夫で感謝の気持ちを伝えられたら素敵です。

 

テーマ 『鶴のお祝い包み』

 

令和、はじめての折形はお祝いの包みです。

淡い色合いの和紙で、季節に相応しい美しい折形に仕上げます。

カードやチケット、三つ折り紙幣などの他、薄くて貴重な品を包む事ができます。

お誕生日や記念日など様々なお祝いのシーンでお使いいただけます。

 

 

日時:6月8日(土)14:00〜16:00 

参加費:5,400円(材料費込み)

持ち物:持ち帰り用クリアファイル(B4サイズ)、筆記具

 

初めての方も折紙のルーツと言われる折形を、体験してみませんか?

皆さまの参加お待ちしています!